食洗機洗ってみました

その他

今回は、ビルトイン食洗機を入居から半年だったので少し洗ってみました。きっきんホームの食洗機は嫁きっきんのこだわりでフロントオープンの食洗機が採用されております。どれをつけてもあまり変わらないと最初は思っていましたが、浅型・深型の食洗機をモデルハウスで見たところ、思いの外容量が少なかったため私もフロントオープンで決定となりました。Mieleの食洗機が第一希望ではあったのですが、予算的にRinnaiの物の倍以上かかってしまったので断念しました。

食洗機ってめちゃくちゃ便利

半年間、食洗機のある生活をして食器洗いにかかる時間が大幅に減りました。食洗機に対応していない物や、大きいフライパンなどは入らないため手洗いですが、食事に使った食器がないだけでかなり楽になりました。食事作りを始めるときにシンクの中に何もない状態で、料理をできるのはそれだけで料理に対するモチベーションを上げてくれます。
フロントオープンで大容量なので2人暮らしだと1.5日に1回くらいのペースで動いてもらえば大丈夫ですが、フロントオープンにしていなかったらこうはいかなかったと感じます。家族が増えると、フロントオープンでも頻度はかなり上がりそうです。また、食洗機の音は意外と大きく、リビングでテレビを見ているとボリュームを上げなければならないほどです。頻度を落とすためにも、まだ検討中の方はフロントオープンをオススメします。お金に余裕があるなら、Mieleの60cm幅だと子供がいても安心できると思います。

どうやって洗ったの?

本来は、「食器洗い徹底洗浄中(庫内クリーナー)」を使っての清掃がいいのですが、今回は軽く拭き洗いと、外せるパーツは外して洗う程度にしました。

フロントオープンタイプ食器洗い乾燥機(RSW-F402C)

まずは、食器かご2つを外すところからスタートしました。下の食器かごはそのまま外れましたが、上の食器かごは金属レールの先端に留め具があり、押してくださいと言わんばかりの場所があるのでそこを押してもビクともしませんでした。きちんと見ると横の部分にも取り外すために押すことのできる場所がありました。

食器かごを取り外した状態

とてもすっきりした状態になりました。次に「残菜フィルター」と上下の「回転ノズル」を取り外しました。今日まで上のノズルが取り外せることを知りませんでした。

パーツを全て取り外された状態

ここからは「ウタマロ」さんの出番です。取り外したパーツはシンクで「ウタマロ」さんをつけて少しの間放置、中はいらなくなった布に「ウタマロ」さんを染みこまして隅々まで拭いていきました。

浸けられるパーツたち

ここまで完了して要注意ポイントの出現です。片方は、なんとなく想像の範囲内だったのですが、もう一方は完全に落とし穴でした。

第1要注意ポイント
第2要注意ポイント

第1要注意ポイントは、「残菜フィルター」の突起しているパーツの裏側です。ここが空洞になっているので、フィルターの裏側ではありますが、ヌメっとした汚れがついていました。
第2要注意ポイントは、扉と本体の間にある黒いゴムの裏側です。こんなところにゴム素材があることも今日知ったのですが、この下が隙間はある物の小さい部屋のように囲まれていて残菜が溜まりやすいスペースになっているのと、ゴム自体も蓋のような形になっているので残菜がハマりやすくなっていました。しかも、扉に体重もかけられないので中々取りにくいです。
もし庫内クリーナーでのみ清掃をしている方がいれば気をつけてみた方がいいと思います。

初の掃除でしたが、注意する点も見つけられたので次回は専用の洗剤を使って本格清掃をしてみます。

コメント

  1. […] […]