オリンピック男女スケボー金メダルおめでとう~スケボー購入はちょっと待って!~

育児

東京2020オリンピックが開幕し、スケートボードの男女どちらともが日本の金メダルでした。
女子に関しては13歳での金メダルで驚きました。
このオリンピックの結果がでてニュースなどでもスケートボードが良く放送されるようになったと思います。
お子さんの目にもとまり、やってみたいと言う子が沢山いるのではないでしょうか。
とりあえず買ってみるかで買ってしまうと怪我をしてしまうので注意が必要です。

私は小学の低学年からスノーボードを始め、スケートボードも少しだけ挑戦したのですが怪我がつきもの遊びでした。
もし子どもがスケートボードを欲しがっていて、まだ買っていない方は是非このブログを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ただ乗るだけでも危険がたくさん!

オリンピックでは、当然ですがいとも簡単に乗っていたスケートボードですが、ただ乗るだけでも怪我のリスクが高いです。
なぜ怪我のリスクが高いか紹介します。

タイヤが小さい!

写真でもわかるようにタイヤがとても小さく道路の凸凹や小石に引っかかり、身体だけ吹っ飛んでしまいます。
スケートボードのパークに行けば、地面がスケートボード用になっていますが始めたばかりだとそのような場所までわざわざ行かないと思います。
家の前の道路や、近くの車通りの少ない道路などでは引っかかるものがかなり多いです。

デッキは荒い紙ヤスリ!?

スケートボードの足を乗せる部分は、滑って落ちないように滑り止めになるよう「荒い紙ヤスリ」のようになっています。

ただ持ち運ぶだけでも、擦れてしまうと「擦り傷」になってしまうこともあります。
また怪我ではないですが、「荒い紙ヤスリ」によって靴の消耗が激しく買い換えが早くなってしまうこともあります。
スケートボード以外にも、お金がかかってしまうことを踏まえて買った方がいいです。

初めての方は「ペニー」がオススメ

上記の危険を避けるために、初めてスケートボードを買う方にオススメしたいのは「ペニー」です。

タイヤが大きめにできていて、小石程度なら引っかかることなく乗ることができます。
さらに、デッキもプラスチック素材なので「擦り傷」の心配もなく靴の消耗も避けることができます。

様々な色がありオシャレアイテムとしても一時期流行ったので、仮に飽きて子どもが乗らなくなったとしても飾りにもできます。
また、スケートボードだと素材が木なので、長期間放置しておくと湿気ってしまい破損の危険性もあります。
ペニー」ならプラスチック素材なので、普通のスケートボードよりも長持ちします。
なので、小さいときに乗ってみてすぐ使わなくなっても大きくなってから改めて使うこともできるのでお得です。

スポンサーリンク

コメント