妊娠24週目突入 〜思い出作りは今のうち〜

育児

1月28日に妊娠24週目(7ヶ月)に突入しました。嫁きっきんが仕事に復帰して2週目になります。週末だけにしか会えないため、5日間あっていない時間があるとお腹がかなり大きくなっている様に感じます。24週目に突入する前日の夜にお腹が張って痛いとのことで病院にいくという、心配になることがありましたが、なんともなく24週目を迎えられました。

妊娠24週目ママの状態は?

24週目になると、お腹もさらに大きくなってきて胃のあたりからせり出してくるようです。23週目のとき同様にホルモンバランスや皮膚が引っ張られ皮膚の乾燥やかゆみが出てくる方が多いです。
また、妊娠中は目の乾燥を感じる方も多いようです。仕事をされていて、事務系の仕事をされている方は普段からドライアイ気味の方も多いのでいつも以上に乾燥を感じてしまうかと思います。
今まで使っていた目薬も市販の場合は、一度薬剤師さんに確認をした方がいいみたいです。また、問題ないと言われても心配という方は、薬が身体全体に影響を及ばさないように目頭を押さえ涙道に入らないように予防する方法をとると良いようです。

嫁きっきんの状態は?

マタニティベルトをつけて腰痛予防など、仕事をしているときの負担を軽減させながら働くようにしています。ただ、つけていった初日に職場の子どもがいる方々に前後逆につけているよ!と言われたそうです…。つけてて全然楽じゃなかったから変だなとは思っていたそうです。

上記のようなお腹の上と下で支えるような形なので間違えなさそうですが…。
個人差はあると思いますが、嫁きっきんはお腹の上と下でベルトが固定されるので少し苦しいため「トコちゃんベルト2」を検討しています。

マタニティベルトという名前なので、出産をするまでしか使えないのかと思っていましたが産後の骨盤の緩みやズレも直す役に立つようです。産前は、骨盤の緩みが原因となり内臓下垂によって、胃・腸・膀胱が圧迫されます。その結果、便秘・尿もれ・お腹のハリ・切迫早産の確率が上がってしましますが、マタニティベルトをつけることで解消できるようです。
24週目に入る前日のお腹のハリが治らず病院に行った嫁きっきんですが、妊娠7〜8ヶ月には頻繁に張りが出ます。今回は初めてのことで安静にしていても張りが無くならなく痛みもあったため病院に確認して病院にいきました。
お腹が張るってどういうことなのか調べてみました。
お腹の張りは、子宮が収縮している状態のことをいいます。子宮は収縮と弛緩を繰り返しているため、張りっぱなしということはありません。お腹の張りを感じても1〜2時間安静にしてて張りが治るようであれば心配はないようです。ただし、規則的に張りや痛み、出血や激痛が伴ったり安静にしても治らない場合は病院に確認したほうがいいようです。

妊娠24週目のちび太の状態は?

「ちび太」の様子は変わらず元気にウゴウゴしてくれています。お腹の上の方での動きも感じるのですが、この時期「ちび太」の握力が強くなったきているので、手の動きも活発なので逆子の状態のままなのか不明です。一般的に、この時期になると体重は 500〜800g程度になるとのことです。皮下脂肪もついてきて皮膚も伸びてきているようです。毛細血管もできてきてピンク色に見えるようになってきているようです。今まで透き通っていたことに嫁きっきんと一緒に驚きました。

安定しているうちに思い出作り

この時期から、9ヶ月頃までの間の安定している時期は夫婦で思い出作りをするのに適した時期のようです。今はコロナ禍で動きにくいですが、少し旅行に行ってみたりマタニティフォトの準備をしてみたりする時期のようです。私は定山渓の「ぬくもりの宿ふる川」に行ってきました。胃もたれもあったため、「夕食:少量コース」にして楽しんできました。9ヶ月までの期間で他にも少し思い出を作れたらいいなと思います。

コメント

  1. […] […]