妊娠中のマイナートラブル「むくみ」〜新社会人の女性も悩む「むくみ」の原因と改善方法〜

その他

妊娠中のマイナートラブルに挙げられる「むくみ」ですが、妊娠中でなくとも悩んでいる女性は多いと思います。今回は、「むくみ」の原因と改善方法を栄養学からの側面と、解消グッズに分けて紹介していきます。「ヒール」を履いて働かなければならなくなる新社会人さんにもオススメの内容です。

むくみの症状と原因

むくみとは、血液中の水分が染み出して回収されず、血管外の水分量が多くなった状態のことをいいます。むくみの原因は、余分な水分を回収するリンパの流れが悪かったり、体内の水分量を調整するナトリウムやカリウムのバランスが悪くなったりすることが挙げられます。
心臓や静脈、リンパ管や腎臓・肝臓など、血流に関わる臓器の病気筋肉の疲労、他にも睡眠不足などの自律神経の乱れ暴飲暴食や飲酒、ストレス運動不足などといったものも「むくみ」を引き起こすきっかけになります。

妊娠中の「むくみ」の原因

妊娠中にむくみやすくなるのは、ホルモンバランスが変わることが原因のひとつです。妊娠を維持するために多量に分泌される女性ホルモンのプロゲステロンには、皮下組織に水分をためる働きがあるためむくみがマイナートラブルとしてでてきます。
また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が太もものつけ根にある太い血管を圧迫するため、下半身から心臓に戻る血液の流れが滞ってしまうことも原因です。

むくみ改善方法

原因が分かったので次に改善方法を紹介します。
マッサージによる改善をしている方もいると思いますが今回は「栄養学」「改善グッズ」に分けて改善方法を紹介していきます。

「栄養学」でむくみ改善

塩分を摂り過ぎない食習慣が重要です。
味付けが濃くなってしまっている、料理する時間がなく外食やお惣菜に頼ってしまっていると塩分を摂りすぎている可能性が高いです。
塩分を摂りすぎてしまっていると感じている方は、野菜・果物・海藻に多く含まれるカリウムを摂ることをオススメします。
カリウムが豊富な食材は、芋・海藻・バナナ・鮭・大豆などがあります。

中でもオススメ食材は「サツマイモ」です。サツマイモは、カリウムが豊富なだけではなく食物繊維も豊富なので女性のお悩み改善には様々な効果が期待できます。
むくみの解消以外にも食べ合わせによっても効果は変わりますが、例として「サツマイモ+ゴボウやほうれん草」では、風邪予防・美肌づくり・がん予防、「サツマイモ+レモンや小松菜」では、ストレス解消・美肌づくり・食欲不振改善といった効果があります。

お手軽食材は「バナナ」です。バナナもカリウムが豊富に含まれており、さらに精神を安定させるセロトニンの材料となる物質も含まれています。
食べ合わせによる効果は、「バナナ+キャベツや長芋」で体力増強・疲労回復、「バナナ+納豆やもやし」で便秘予防・血液サラサラ効果が期待できます。

調理の注意点としては、カリウムが煮たり茹でたりすると失われやすので、短時間の加熱で済ませるようにし、生で食べられる物は生で食べる方がカリウムを効率良く摂取できます。

むくみ改善グッズ

冷えとむくみを同時に対策できる遠赤外線フリーバンドを紹介します。
「むくみ」の解消によく紹介されているのは着圧ソックスですが、妊娠中になるとお腹の圧迫感に加えてさらに別の場所が圧迫されてしまうのは辛いと思い探し当てました。
遠赤外線で、むくみと冷えに同時対処をしてくれるので、むくみが原因で冷えるタイプ冷えが原因でむくむタイプの両方に対応してくれます。
なので、どちらのタイプかわからない方でも安心して使えます。

次に、運動不足を解消するためのグッズ座ってステップを紹介します。
脚の筋肉にある重要な役割のポンプ機能を働かせることが目的になっている商品です。
座ったまま長時間足を動かさずにいると、ふくらはぎのポンプ作用が不活発になり、血液が足からスムースに心臓へ戻りにくくなり、「むくみ」が生じる原因になると言われています。男性よりも女性の方が下半身の「むくみ」が多く見られるのは筋肉量に差があるためポンプ機能にも差がでてしまうためです。
「座ってステップ」は、座ったままでも、足首を上下に動かしふくらはぎの筋肉を活動させるとポンプ作用が活発になり静脈血液は心臓へスムースに送り返す手助けをしてくれます。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]