妊娠22週目と1日 〜定期検診、今は逆子状態〜

育児

定期検診に行ってまいりました。
病院内には嫁きっきんだけしか入れなかったので入口近くで待機ではありましたが、2人の赤ちゃんが退院していく姿を見て、癒されながら待っておりました。

ベビレンタ

検診の結果は?

検診結果はすくすくと無事に育ってました。体重は508gになっていたので18週の検診の時の体重が230gだったので約2.2倍になってました。1ヶ月でそんなに大きくなるなんてお腹の中でいっぱい栄養をとっていることが分かって安心です!手足の骨が見えたり、内臓もしっかりとできているのも見え、心臓も4つの部屋がちゃんとあったので、嫁きっきんは「ちゃんと葉酸のサプリメント摂っててよかったー」と言ってました。

顔もエコーで見ることができ唇も割れておらず、鼻もはっきり見えました。私と嫁きっきんの鼻の形が全然違うので、エコーでの写真を見た感じでは完全に嫁きっきんの鼻をしてました。今後はどっちに似てるって話もできるようになるんだと思うと、誕生までが近づいてきているのを感じられます。

ちょびっと心配…

まだ大丈夫な時期ですが、現段階では逆子の状態とのことでした。お腹の蹴る位置からしても逆子の位置取りだなとは思っていたのですが、想像通りでした。妊娠中期では30〜50%が逆子と診断されるので大丈夫だとは思いますが、あまりお腹の中ででんぐり返しをしてくれていない気がするので心配です。私が毎日、逆立ちしているから影響されちゃっているのかなとか色々思っちゃいますね。笑

正式に逆子と診断されるのは30週から32週とのことで、診断後から出産までに戻ることもあるようです。診断されたら逆子体操や外回転術といった方法で正しい位置に矯正していくこともできるとのこと。逆子体操は妊婦さん自身でもできますが、外回転術はできなくリスクもあるようです。

anone baby

逆子体操

備あれば憂いなしなので、逆子体操についても調べておきます。
胸膝位(きょうしつい)
うつ伏せになって、頭と胸を床につけたままお尻を上げる姿勢です。その姿勢のままで15分ほどキープしていくのですが、はじめは短い時間でも問題ないとのことです。わかりやすく言えば猫の伸びてるポーズです。

胸膝位の姿勢

ブリッジ法
ブリッジはやったことがある方多いかと思いますが、そのブリッジまでは必要ないです。仰向けになり腰の下にタオルなどを入れて骨盤を高く持ち上げるだけで大丈夫です。こちらは10分ほどキープですが、始めたばかりの時は短い時間からのスタートで無理はしないようにしましょう。

どちらにも共通して言えることですが無理はしないこと、終わった後にすぐに立ち上がらないこと。普段の生活の中ではお腹を冷やさないで身体を温めるようにすることで子宮が収縮せず、ちび太の動くスペースが確保できるようです。

逆子のリスク

様々なリスクがあり、破水すると羊水の量が激減してしまったり、産道が広がりにくかったり、へその緒が出てきてしまったりという状態になってしまいます。ですので、普通分娩ではなく帝王切開になることがほとんどです。帝王切開にいつころなるかというと、妊娠34週目から逆子から正しい位置に戻る可能性が低くなるため、34〜35週目頃に予定が組まれるそうです。

逆子の診断がつく30〜32週目から逆子体操などを行い、34週に入るまでに戻ってくれれば普通分娩でちび太に会うことができます。普通分娩できなかったとしてもママさんを責めたりしちゃダメですよ!お腹の子が良く動いた結果たまたま逆子だっただけです!



コメント

  1. […] […]

  2. […] […]