派遣会社からの初回電話で聞かれる情報大公開!〜登録時に聞かれる内容が個人情報満載で正直不安な方に耳より情報です〜

仕事探し

今回は、様々な派遣会社があり求人誌や求人サイトをみて高時給を見つけて派遣会社に登録する際に聞かれる情報には「どのような項目」があり、「何のため」に聞かれるのかを大公開していきます。
私の本職が、医療福祉関係(介護・看護)の派遣会社の営業なので業界には偏りがあるかと思いますが大きくズレはないかと思いますので、今後派遣を検討している方がいれば参考にしてみてください。

ちなみに、よくあるパターンなのですが仕事を探していたが応募したのが派遣だと思っていなかったということがあります。これは求人誌・求人サイトの掲載をしっかりと見れば避けることができます。この方法に関してはこのブログの一番下に書きますので読んでみてください。

どのような事を聞かれるの?

基本的には仕事探しに必要な情報の全てです。
【個人情報編】
①名前(漢字・読み方)
②生年月日
③住所(できるだけ細かく)
④取得資格

【職歴編】
①過去直近の勤務先3つ
②就業期間
③雇用形態
④退職理由

【希望条件編】
①就業期間
②通勤方法・時間
③志望動機
④就業時間
⑤就業日数
⑥休み希望曜日
⑦時給
⑧勤務開始日

上記の項目がどの派遣会社でも聞かれる内容です。この基本情報をもとにお仕事探しをしています。

何のために必要な情報なの?

上記の項目は当然仕事探しに必要な情報ですが、さらに詳細に説明していきます。
営業によってその情報に対する価値は多少変わる部分もありますが共通する部分の方が多いと思います。

個人情報編

派遣の場合、提案先へ名前や年齢は伝えませんが派遣元である派遣会社は素性のわからない方を提案することができないため必ず確認します。さらに、名前・生年月日で反社会勢力に関わりがないか過去に犯罪歴がないかまで調べております。

住所については、就業先までの通勤方法が関わってくるため詳細まで確認しどのようなアクセスをすることでスムーズに就業先に行けるか調べた上で提案しています。現在、コロナ禍ということもあり会社にきてもらい登録ではなく電話での登録をしていることもあり、教えてくれない求職者の方もいるのですが本当に仕事を見つけたいのなら必ず伝えるべきです。提案がきても通勤しにくいから無理となると待った甲斐もなくなってしまいます。

資格については、看護師であれば資格を必ず持っていますがそれでも正看護師なのか准看護師なのかで受け入れ可能かが変わるので事前に伝え、提案先とのミスマッチを防いで時間を無駄にしないことをオススメします。
介護職員の場合は、無資格でも働けるところもあれば、資格を持っていないと働くことのできない施設形態もあるので間違いなく教えてください。さらに言えば、資格証のコピーも派遣会社に提出いただく必要がございますので無くされたなどのことがあるとご提案先が減ることもありますのでご注意ください。



職歴編

全ての職歴を確認できるに越したことはないのですが、直近3つほどは確認されます。過去にどのような仕事をしていたのか、継続して働くことができるのか、どうしてその雇用形態を選んだのか、なぜ退職されたのか。これらも提案先を選ぶ要素になっています。

例えば、介護の仕事を初めてやる販売職をされていた方であれば、常に売り場を見渡しお客さんの動きを観察していることから、身体は元気だが認知症重度の方が多いグループホームを「視野の広さ」が活かせるため提案します。

就業期間と退職理由は深く関連するため、まとめるのですが派遣でも働いて続けてくれるのかを確認するために聞いています。派遣と言っても、単発ではないので長く働こうと思い長く働ける方なのかを調べます。短い期間で辞めていても原因がしっかりとあるならば、安心して提案ができます。



希望条件編

何を思って別の職場に就業したいのかということを知らないとマッチした就業先を見つけることができないので確認します。ここの条件がはっきりとしていないと、そもそも仕事したいのかもわかりません
希望条件がわかるとなぜ派遣を選んだのかもわかります。「条件が厳しく自分では見つけられなかった」「旦那さんの都合で転勤があるので期間の定めがあった方が迷惑をかけない」「ブランクがあるのでできるか様子をみてみたい」「違う科・違う施設形態で働きたいけど本当に大丈夫か」など派遣を選ぶ理由が様々です。
上記の理由は、派遣を選ぶメリットにもなります。
この希望条件にマッチした職場を提案していくので具体的であればあるほど、派遣会社も非常に動きやすくなります。条件が多すぎると妥協点を探りながら色々な提案を受けることができます。



求人で派遣を見抜く方法

いくつか見抜く方法があるのですが、簡単なのをいくつかご紹介します。
①同じ職種の仕事の中で時給が相場より高い
②施設・病院名が掲載されていない(医療福祉系について)
③同じ会社名の求人が乱立している
④「週3日〜」「高時給」「〇〇エリアに多数あり」の文言が入っている
⑤求人情報の下部に謎の番号が記載されている
上記がわかりやすい見分け方です。

ただし、専門職の場合は会社独自の求人サイトを持っているので求人を見るために名前の登録などをしてしまうと電話がその会社からくるので、やや罠もありますので注意ください。



コメント