電力会社を変えて初めての請求がきましたので紹介〜1ヶ月無料で助かりました〜

FP情報

以前の記事で、電力の自由化で電力会社を見直したという話を書きましたが、今回通常の請求が初めてきましたのでどうだったかをご紹介します。参考のため前回の記事のリンクも貼っておきますが、電力会社は基本料金0円のLooopでんきで契約をしてます。

電力の自由化 〜電力会社を見直そう〜
電力の自由化により2016年4月より一般電力会社(東京電力など)以外の新電力の会社を選べるようになりましたが、今までと変わらない方が安心して使えると考えたり、他の会社にしたら停電や会社の倒産で突然電気が止まったりしないかと不安で調べてもい...

業界初!下がり続ける電気代!

今回私が契約したプランはLooopでんきの中でも北海道限定の再エネどんどん割というプランで毎年0.5円/kWhずつ電気料金が安くなっていくものです。
このプランの3つのポイントがあります。
使い続ければ、どんどん電気代が安くなる
20年間毎年0.5円/kWh安くなり続けて、最初32円/kWhが最終的には22円/kWhになります。
基本料金、解約金がなし
継続して安くなるものでよく聞く中途解約のような違約金がかかりません。
契約の引継ぎが可能
電力の使用場所が同じ場合、世代を超えて引継ぎが可能です。今後、引越しをする場合も検討中とのことです。

通常の「おうちプラン」が29.5円なので割高に感じますが、一戸建てやマンションのように引越しをしないのであれば長期的に見るとお得になっていきます。

電気代1ヶ月無料キャンペーン

いつまで継続していくかは未定ですが、この「再エネどんどん割」に現状2月中に申し込みすると4月〜5月検針の1ヶ月分が無料になります。
ただし、私に直接連絡いただいた方のみのキャンペーンになりますのでTwitterのDMかLINEを送ってください。
Twitter https://twitter.com/kikkin928
LINE@ https://lin.ee/er15wKa
連絡くれた方には、今使ってる検針表をもとに申し込める電気のプランなのか、どれくらいの金額になるかの見積もりもしますのでどんどん連絡ください。

1月分の料金比較します

1ヶ月の無料期間が終了して通常の請求がきたので料金比較をしていきます。
12月はキャンペーンで無料で金額が出なかったので今回初請求です。
電力量は372kWhでしたので、この電力量で料金比較をしていきます。

①北電の場合
基本料金:50A × 341円 = 1,705円
電力量料金
・120kWhまで:120kWh × 23.97円 = 2,876.40円
・280kWhまで:160kWh × 30.26円 = 4,841.60円
・281kWh以上:92kWh × 33.98円 = 3,126.16円
燃料費調整額:372kWh × -3.45円 = -1,283.40円
再生可能エネルギー発電促進賦課金:372kWh × 2.98円 = 1,108円
請求額:12,373円

②おうちプラン
基本料金:0円
電力量料金:372kWh × 29.5円 = 10,974円
燃料費調整額:372kWh × -3.45円 = -1,283.40円
再生可能エネルギー発電促進賦課金:372kWh × 2.98円 = 1,108円
請求額:10,799円

③再エネどんどん割
基本料金:0円
電力量料金:372kWh × 32.0円 = 11,904円
燃料費調整額:0円
再生可能エネルギー発電促進賦課金:0円
請求額:11,904円

北電に比べて「おうちプラン」だと1,574円の節約、「再エネどんどん割」だと469円の節約になります。基本料金がある新電力会社もあるようですが、Looopでんきは無料です。これは単純に企業努力とのことです。



連絡お待ちしております

基本料金に関係するアンペア数が高い方や電力の使用量が多い方は安くなる可能性があります。北海道限定ですが、引越しをしない方は「再エネどんどん割」をオススメしますので連絡くれれば1ヶ月無料キャンペーンに対応します。
引越しが今後もある方や北海道以外の方のために料金表も載せておきます。

Looopでんきホームページより

道外の方もできる限りで対応しますので是非検討ください。
在宅ワークで電気料金も上がっていると思うので今がチャンスです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]