妊娠発覚から安定期までの一緒に過ごした夫の体験談

育児

前回の投稿では安定期に入った20週目からの話を書きましたが

今回まではそれまでのお話です!

かなり壮絶な日々を過ごしたので、今奥さんが妊娠初期の方は

是非読んでみてください!!

妊娠発覚が嫁きっきんの誕生日前日!

たまたまではあるのですが「ちび太」の妊娠が分かったのが

誕生日前日で最高の誕生日プレゼントとなりました!

誕生日は嫁きっきんの大好きなスープカレーを食べにいったのですが

妊娠5週目は一般的に身体の不調が出始めのタイミングでした。

いつも通りの注文をしていつも通りに完食!

その後が大変でした…

謎の汗が出てきて、吐き気に襲われる嫁きっきん

せっかく大好きなスープカレーは全て身体の外へ。

そうです。少し早いですがつわりが始まったのです。

ちょっと早いんじゃないの「ちび太」さん…

初診から3回目検診まで

初診はきっきん誕生日の翌日!

パパさん、初診から3回目検診までは2週おきにいかないといけなく

つわりもかなりひどいのでついてってあげて下さいね!

今はコロナの影響で病院自体に入れないところがほとんどですが

病院までは一緒に行ってあげて下さい!!

ちび太の様子は?

初診の「ちび太」(6週目)はまだ1cmにも満たない大きさですが

この時に心拍が確認できるタイミングに重なることが多いようで

「ちび太」も心拍を確認させてくれました!

2回目検診の「ちび太」(8週目)は18mmまで成長しており

2週間で倍の大きさに!なんという成長速度!!

3回目検診の「ちび太」(10週目)は、徐々に人の形がエコー写真でわかるように

なってきました!それでも大きさは33mm!

大きさだけでなく人として成形されていることの驚きと喜びが溢れてきました!!

この時、私は写真を見せてもらい直感で「男の子」だと感じました!

嫁きっきんの様子は?

妊娠発覚の5週目からつわりは悪くなる一方でした。

「吐きづわり」「食べづわり」「匂いづわり」とつわりのオンパレードです。

コロナの影響もあり、妊婦さんと同居している人については

会社が在宅ワークを推奨してくれたので在宅ワークに切替ました!

つわりで苦しんで頑張ってお腹の中の「ちび太」を育ててくれているのを

見られて感動もありましたが、大変なことも沢山ありました…

大変すぎる「匂いづわり」…

匂いに敏感になるというのはよく知られた話ですが

ここまで敏感になるとは正直思っていませんでした。

まず、前回の投稿にもあったようにきっきんホームは

1階と2階で床の無垢材が違うため匂いも当然違ってきます。

そのため生活は1階のみが中心となりました。

ただ、1階にはキッチンもあるため食洗機の匂いや炊飯の匂いでもNG

テレビで洗剤のCMを見るだけでも、寝ていた体勢から起き上がるだけでも

コーヒーの匂いだけでも…

こんな状態が続いたのでいつでも吐けるように

常にバケツを持って動いてもらったり

消臭剤を家のあらゆる場所においたり、洗剤や柔軟剤、

シャンプー、ボディーウォッシュなどを無香料に買い替えたり

空気清浄機を常に全力で稼働させたりと様々な対策をとって

少しでも快適に過ごせる環境を作りました。

使っていた洗剤など

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このように対策はしましたが、完全に改善とはなりませんでした。

恐らく、パパさんたちが知らないだけでどのママさんたちも

同じような状況になっているはずです!

もし仕事から帰ってきて夕飯ができていたら、相当な無理をして

作ってくれているのです!嫁きっきんはキッチンに立つこともできませんでした。

3回目検診以降の様子

3回目検診が終わったあとは、4週に1回の検診にペースが変わります。

4回目検診の「ちび太」(14週目)は60mmほどの大きさに育っています。

この時の検診は、おじいちゃん先生であまり何を言っているか聞き取れませんでしたが

無事に育ってくれていることはわかりました!

5回目検診の「ちび太」(18週目)は大きくなってエコーでの大きさが

分からなくなってきます。体重は230gというのは教えてもらいました。

そしてついに性別が判明!

その瞬間を嫁きっきんが動画で撮影してくれておりました!!

最初は分からなかったのですが、知りたいというのが伝わったのか

動き回って足を開いてお股を見せてくれたんです!

お医者さんも「立派なのが見えたねー。間違いなく男の子だねー。」

と、私の3回目検診の直感は当たりました!

毎回ですが、次の検診ではどんな変化をしているのか楽しみになります!!

嫁きっきんも大喜びでしたが、いまだにつわりに苦しまされておりました。

一般的には11週目くらいでつわりからの解放なのですが

全然、そんな兆しは見えませんでした。

ちなみにですが!

ちなみにですが、16週目になるまでは安定期に入っていないので

ママさんはつわりの辛さだけではなく、

本当にお腹の中で育ってくれているのかという不安を常に感じています。

胎盤がしっかりと完成され、胎動を感じることができて

やっと本当にお腹の中にいるのだと実感できるそうです。

当然、お腹の中にいる間は転んでしまったり

お腹に強い衝撃を与えてしまったりすると流産の危険性も高まるため

常に不安と隣り合わせで過ごしていることは覚えておきましょう!

次回、妊娠中のママさんの食べれるもの、食べれないものを

栄養要素も含めて解説していきます。

嫁きっきん色々と我慢してました。。。

コメント